憎たらしいほど痛い「こむら返り」の原因と対策とは

こんばんは

本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

 

今日は患者さまから良く言われる「こむら返り」についてです。

例えばこんな感じ↓

朝方、びーーん!とふくらはぎがつってどうにも身動きがとれない・・・かと思ったら今度は足の裏までびーーん!

誰か!助けてー!もう、どうすればいいの!!

という体験ございませんか?

 

こむら返りとは「腓腹筋痙攣(ひふくきんけいれん)」とも言われています。

筋肉の一部が何らかの原因で急に強く収縮してもとに戻らない状態のことです。

痙攣が収まったあとも痛みや不快感が長時間残る場合もあります。

この「こむら返り」は年代問わず経験するようですが、50代以上はほぼ全員が一度は経験すると言われています。

そしてその痛みはとにかく憎たらしい。

そんなこむら返りの原因と対策方法を考えていきましょう。

 

こむら返りの原因は??

そもそもなぜ起こってしまうのか。

それは以下のような悪条件が考えられます。

  • 過度の運動・筋疲労
  • 筋の柔軟性の低下
  • 脱水、電解質バランスの崩れ
  • 冷え
  • ストレス

これらの悪条件にふくらはぎの収縮が加わることでこむら返りが起こると言われています。

当院に来る患者さまで多くみられるのはやはり筋の柔軟性の低下と脱水、電解質バランスの崩れですね。

年齢とともに運動する習慣は減り、筋肉は柔軟性を失っていく。

高齢になるにつれ、慢性的に脱水状態になりやすく、ミネラル不足も加わりこれじゃあ体はいつでもこむら返り待ち状態です。

 

こむら返りの予防法とは?

ではあの憎たらしいこむら返りをいかに予防するか、それは上記の悪条件にならないようにすることが大切です。

そんなの当たり前じゃないの!って?

その当たり前ができないから皆さん起こるのよ~これ本当。

ここでは先ほど述べた「筋の柔軟性の低下」と「脱水、電解質バランスの崩れ」についての予防法について話ていきます。

 

ストレッチは脚だげじゃダーメ!

「筋の柔軟性の低下」を改善にさせるにはストレッチだと誰もがイメージできるかと思います。

もちろんつるのはふくらはぎですからふくらはぎのストレッチをしてもいいと思いますが、それだけでは不十分。

その脚の筋肉の硬さは体全体で作られています。当院にいらっしゃる患者様には上半身のストレッチから指導しています。

極端な話、上半身を緩めることで脚の筋肉も緩むことがほとんどです。

全身はつながっていて影響し合っていますから、全身のストッチが絶対おすすめです。

 

こまめに水分補給とカルシウム・マグネシウムの摂取

「脱水、電解質バランスの崩れ」にはこれらが必要です。

高齢になると一日でほとんど水分を取らないという方がいらっしゃいます。

水分をとりたいと思わないという人さえいます。これでは慢性的に脱水状態になってしまいます。意識をしてでも水分補給は心掛けましょう。

 

カルシウムは小魚、豆乳、そのた乳製品から、

マグネシウムは納豆、ひじき、海藻類、玄米、アーモンドなどに豊富に含まれていると言われています。

大豆やゴマにはどちらも含まれているようです。

バランスの良い食事を日ごろから心掛けることも必要ですね。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?こむら返りも様々な慢性疼痛と同様に普段の生活習慣が積み重なって起こると言っても過言ではありません。

普段の生活に自分の体と向き合いメンテナンスする時間を作ってあげることがなによりの予防法というわけです。

それを怠っていると体から「いいかげんにしろ!!」とあなたに信号を送ってるのです。

しっかりとあなたの体に耳を傾けてあげて労わってあげてください。

あなたの体は究極あなた自身でしか変えられません。

 

それでは本日はこの辺で失礼します。

本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございました。

 

あいのわ整体院

院長 荒木

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です