歩いているときの膝の痛みが〇〇筋で緩和!?

こんばんわ。

最近もうすぐ八か月になる娘がハイハイをしそうで毎日興奮気味な私ですが皆さんも何か興奮してますか?

 

今日私は患者さんの治療中にも興奮することがありました。

それは、ある女性の患者さまが今朝起きたら膝が痛くてなかなか起きれなかったというんです。

歩くのもやっとででも午前中に出かける用があったから自転車を杖替わりに押しながら歩いたというのです。

それは大変でしたね~と言いながら早速検査を開始。

立って右脚に体重が掛かるだけでも痛い。

その動作を繰り返してもらいながらこの部分を押すと楽だというのです。

それがなんとこちら↓

痛いのは膝ですよ。皆さん。

でもね、この小胸筋を押しながら歩くと膝の痛みの度合いが10から4へ

つまり半分以下。

興奮しました。

改めて体の繋がりを感じた時、興奮てしまいます。

その方は猫背で肩甲骨が前に回り込んでいる状態のためかこの小胸筋が縮んでいたのだと考えられます。

この小胸筋をヒントに肩甲骨周りや背中を緩めることで膝の荷重痛を最終的に2まで軽減していました。

あとは肩甲骨や体幹の柔軟体操を継続してやっていただくことでこの状態をキープしていけると思うんですが・・・

そこに関しては本人次第。

セラピストである私がこんなことを言っていいかはわかりませんが

「治るも治らないも結局本人次第」だなーと。

私たちセラピストはあくまでそお手伝いをさせていただくにすぎませんからね。

もちろん専門家として自分が今できる最大限のお手伝いを。

もちろん、すべての患者様に素晴らしいお手伝いができるかといえば、そんなことはなく

まだまだ未熟さを痛感することばかりですが。

もしできたとしてもあとは自分の体を自分で大切にしていただけるかどうかにかかってきます。

そういったところもセラピストとして患者様にどうお伝えしていくかが課題だなーと毎日感じております。

と、患者様にゆだねる前にセラピストとして最大限の努力をしないとね。

当然!

 

 

今日はこのへんで。

本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございました。

 

あいのわ整体院

院長 荒木

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です