脊柱管狭窄症の立ち上がった時の脚のしびれ、その原因は!!?

こんにちは、本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

慢性的な痛みに悩んでいるあなたの痛みが和らぐヒントや改善方法をお伝えできれば幸いです。

 

さて今日は「脊柱管狭窄症の立ち上がった時の脚のしびれ」についてです。

当院に通院されている患者様に上記のような症状を訴える方が何人かいらっしゃいます。

これを読んでいるあなたももしかしたら同じ診断を受け同じような症状に悩んでいる方も少なくないのでは?

長く座っていたあとに立ち上がると脚がビリビリとしびれる、でも我慢して少しあるくとしびれは消える・・・。

この不思議な現象。

 

なぜこんなことが起きるのか?

 

それは私が考えるに恐らくこのような流れかと推測できます。

「長く座っていた」・・・同じ姿勢を取り続けることで全身の筋肉が硬くなる

「立ち上がる」・・・座っていたときよりも立っていることは不安定な姿勢になるということ。つまりさらに筋肉を収縮させて姿勢を保持させなければならない。すでに硬くなっている筋肉でそれを行うと筋肉にはさらに負担がかかる

「脚がしびれる」・・・硬い筋肉がさらに収縮することで筋肉の繊維に張り巡らされた神経が圧迫されビリビリとしびれが発生する

「少し歩くとしびれが消える」・・・立ち上がった直後は姿勢を支えるために筋肉に収縮が起こるが、歩くことで過剰に起こった筋肉の収縮が緩み、神経の圧迫が徐々に軽減される。

 

つまり、筋肉の硬さがしびれを起こしていると考えられるのです。

「脊柱管狭窄症」なんだから背骨の後ろを通る神経が圧迫されてしびれてるんじゃないの?

と、思う方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、そういったケースも存在することは確かです。

そのケースでは最悪の場合手術が必要なこともあります。

 

しかし、筋肉の硬さが原因のことが多々あります。

なぜそんなことが言えるのかといえば、それは当院にいらっしゃる患者様の筋肉を緩めることでしびれが軽減することがほとんどだからです。

 

ではどこの筋肉を緩めればいいの?

となりますよね?

脚のしびれなんだから脚の筋肉?

いやいや腰回りの筋肉?

背中の筋肉??

それはどれも不正解!(極端に言えば)

 

確かに上記の筋肉の硬さは見られますが、硬いところばかりを揉んでもなかなかしびれが取れないことがあります。

 

そんなときは視野を広げて脚からうんと離れた

「手のひら」をチェック!

特に親指の腹。ここから硬くなっていることが多々あります。

手のひらから揉みほぐすことで脚のしびれが軽減または消失することが実は多々あります。

この施術を体験した人は皆さん「えーーー!」と驚かれますが、事実しびれがなくなっているので疑う余地もありません。

 

もし同じような症状で悩んでいる方は是非一度お試しください。

 

親指の腹を揉み揉みしてみてください。

 

そのしびれがあなたも軽くなるかもしれません。

 

ということで、今日はこの辺で失礼いたします。

本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございました。

 

あいのわ整体院

院長 荒木

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です