あいのわ整体院

080-6608-1981

メールでご予約

院長ブログ

080-6608-1981

2017年5月3日

朝起きた時の腰痛が腰を揉んでも改善しない理由

カテゴリ:

慢性腰痛

こんにちは。

本日もブログをご覧いただき本当にありがとうございます。

さて今日は「朝起きた時の腰の痛み」についてです。

当院に来られている患者さまからも良く聞きます。

「朝起きた時が一番痛いんだよ。日中はあんまり痛みを感じない」

このブログを読んでいるあなたも感じたことはありませんか?

  • 朝目覚めて起き上がるまでに痛くて時間がかかる
  • 寝返りさえも痛くて一苦労
  • 腰だけじゃなく全身が痛い

このような痛みに悩んでいる方少なくないようです。

一日のはじまりが痛みから始まるなんて絶対嫌ですよね。

こういった腰痛に悩まされると整形外科や接骨院にいき、なにをしてもらうかといえば腰に対する低周波治療、ホットパック、腰の牽引、湿布、腰に対するマッサージなどが一般的ですよね。

また患者さん本人もそれが一番効果的だと思い込んでいます。

でも患者さんには罪はありません。かかった専門家がそうだというのですから。

この場合、治療後は少しましになった気がするけど、あんまり変わらないな~

とあなたも思っていませんか?

なぜそんなことが起きてるのか?

 

それは簡単です。

 

腰に原因がないからです。

じゃあどこにその痛みの原因があるのか?

それは腰ではなく、胸郭や背中の筋肉の硬さから来ていることがほとんどです。

当院に来られている方や以前働いていた病院の外来にくる患者さまのほとんどが胸郭に原因がありました。

腰痛の患者様のお体をチェックさせていただくと、胸郭や胸背部(背中)の筋肉がカチカチです。

つまりはこうです。

普段から胸郭や背中の筋肉がカチカチ

寝ている間に体を動かしづらくなる

(寝返りがしづらい)

睡眠中を体が動かさず、胸郭や背中の筋肉はさらに硬くなる

朝起きようと動こうとすると硬くなった筋肉が伸ばされて痛みを感じる。

なんとか起きて体を動かしている間に筋肉が緩む

日中は痛みが少ない

このようなサイクルが考えられます。

 

ということは寝る前に胸郭や背中を緩めてあげれば朝起きた時の腰痛は軽減できるのではということになります。

実際に当院に来られた方にはその部位を緩める施術を行い、寝る前に胸郭や背中のストレッチを習慣にしてもらうことで症状が軽減または改善される方がほとんどです。

 

ですのでもしあなたも同じような症状でお悩みでしたら一度、専門家に胸郭や胸背部(背中)のストレッチやマッサージをしてもらってみてください。

きっと今より腰の痛みが和らぐのを感じることができると思います。

 

 

 

 

いかがだったでしょうか?

今日は朝起きた時の腰痛について書いてみました。

あなたの痛みを和らげるヒントになれば幸いです。

それでは本日はこの辺で失礼いたします。

ブログをご覧いただき本当にありがとうございました。

あいのわ整体院

院長 荒木

 

ー---------------------------------

慢性的に痛む腰痛を今すぐ何とかしてほしい方へ

今期間限定で初回無料の整体モニターを募集しております。

先着5名様の限定です。

期日は5月10日までにお電話かメールでご予約いただいた方のみとさせていただいております。

お電話 080-6608-1981(9:00~21:00受付)

メール info@ainowaseita.com(24時間受付)

定員になり次第受付終了になりますので痛みに悩んでいる方はお早めにご連絡ください。

 

 

 

 

もし慢性腰痛でお悩みならば今すぐお電話ください。あなたもあいのわ整体院で「慢性腰痛」を改善しませんか?

080-6608-1981
メール予約・お問い合わせはこちら

※診察時間は9時〜21時までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。